0.025秒差


真夏のミシュラン。
今の時期しかチャンスがない#23が淡々と勝つかと思いきや・・・。
飛んできたタイヤカスが、キルスイッチのワイヤーに直撃。まさかのエンジンストーーール。
なんてこったい・・・。

しかし、そのおかげでファイナルラップでの大逆転が起こったんですが。
馬の背で300がチラっと映ったので最終コーナーでひっかかるとは思ったけど、なんという結末。
決勝レースの優勝が0.025秒差で決まるとは。小暮もズルズルのタイヤでよく頑張ってました。


暴れまわったあげくトラブルで消えたファーマンにはワラタ。
[PR]
by davi03_04 | 2010-08-01 23:52 | モータースポーツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://avidavi.exblog.jp/tb/11067667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< わっしょい WRC クロノラリー >>