アメリカンフットボール誕生の歴史
むか~し むかし 中世ヨーロッパの戦場では、敵の大将首を蹴って遊んでいたそうです。それがサッカーのルーツといわれております。そしてそのサッカーから新たなスポーツが生まれます。

イギリスのロンドン郊外に<ラグビー高校>がありました。そこの生徒がサッカーをやっていると、何を思ったのかボールを抱えて走り出しました。これがラグビーの始まりといわれています。

サッカー、ラグビー、どちらの競技もアメリカ大陸にも渡っていきました。
アメリカでもサッカーは人気でしたが、ラグビーはサッパリだったようです。

しかし、そのラグビーに目をつけた大学がありました。名門のハーバート大です。彼らはラグビーをアメリカ流に作り直します。それが「アメリカンフットボール」となっていくのです。
だからアメフトにはラグビーの面影が残っています。

(なぜ「アメリカン“ラグビー”」ではなく「アメリカン“フットボール”」なのかは謎です。足、使わないのに・・・)

参考資料
「すぐわかるアメリカンフットボール」 山谷拓志 著
         
             川・з・)

じゃ、また明日。
[PR]
by davi03_04 | 2005-01-26 20:34 | 調べてみました | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://avidavi.exblog.jp/tb/1588480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< スーパーボウル と アトランチスの謎 町田康 >>