Jリーグのススメ
レベルが低いといわれるJリーグ。たしかに低い。が、低いからこそ、おもしろい所もあるのです。
ヨーロッパの3大リーグでは、上位(3チーム)と下位が、はっき区別されてしまいます。選手層の厚さが違いますし、質も違うので仕方ありません。
なので、ヨーロッパでは毎年、同じチーム同士で優勝を争っています。金がないと優勝争いには絡めないんです。

しかーし! Jは違う。下位に沈んでいた貧乏クラブ、毎年降格の危機に晒されていた弱小クラブでも、よい「監督」を招聘すると、優勝争ができるクラブになることもできるんです。
Jは監督の「質」が色濃く反映されるリーグといってもいいでしょう。

そのいい例がベンゲル(名古屋)とオシム(ジェフ)じゃないでしょうか。
そーいえば、ジェフは「市原」から「千葉」に名称を変更したんやね。新聞で「千葉ー柏」という対戦カードを見た時、一瞬「千葉?どこ?」なんて思いましたよ。

まァ 名称を千葉に変えたからといって、サポが増えるわけじゃないのに・・・。まずジェフは、あのスタジアムが非常にマズイ。陸上トラックが付いてるし、おまけにスタンドが低い。あんなのじゃサッカー見て楽しむことはできないでしょう。あッ、そーいえば新スタジアムを建設するって話しがあったような、ないような・・・。

ジェフは置いといて、ベンゲルとオシムですな。
2人とも就任したクラブは下位で低迷していました。名古屋はJのお荷物と呼ばれるほど弱く、ジェフはアビスパと残留争いをするほどでした。そんな両クラブが、ベンゲルとオシムによって、別のクラブのように強くなりました。

ベンゲルは就任から6ヶ月で弱小クラブを、天皇杯優勝まで導き、オシムもジェフを優勝争いに絡ませる所までいきました。どちらの監督も弱小クラブで、1年以内に結果を残しています。これはスゴイ。それと同時に1年以内に結果を出せない監督は、無能とはいいませんが、質が低いということでしょう。

選手の「質」ではなく、監督の「質」が問われるのがJリーグ。海外リーグにはない特色だと思います。ジーコも、まずはJクラブの監督からやり直した方がいいぞ(´∇`)

               川・з・)

マウスやキーボードのことで、メッセでアドバイスをもらいました。
機種や価格にやって使いやすさが変わるんやね。高いものには、それなりの機能が付いてる、ってことなのね。いろいろあるなァ~。

じゃ、また明日。
[PR]
by davi03_04 | 2005-03-17 21:25 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://avidavi.exblog.jp/tb/1757946
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 気になるアイツの名前は? レースゲーム >>