パシフィック・リム

怪獣はよい。「どうせ当たらない」無駄な銃撃シーンはないし、
だらだら長いカンフーアクションもない。破壊のみ。ハラハラハラ。

しかし、米人め。ゴジラといい、なぜにエグいものしか作れないのだ。
空想の生物に、妙なリアリティーをいれてくる。
チハ戦車から学んで欲しいものだ。あの小さな砲塔から、愛嬌というものを。

それにしても菊池凛子が、ひどい。
コントでもやっているかのような、変な眉。へたな演技。
気になって、しょうがなかった。
[PR]
by davi03_04 | 2013-08-15 15:06 | 映画・ドラマ・アニメ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://avidavi.exblog.jp/tb/18363073
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 第84期棋聖戦 神仏を尊びて、神仏を頼らず >>