「トロイ」と「隠し剣鬼の爪」
GWに映画を2本(トロイ・隠し剣鬼の爪)観ました。

まずはトロイ
私が期待していた歴史物とはかなり違いました。主題が「愛」なので仕方ないか・・・。

それにしてもハリウッドの「中世ヨーロッパの歴史物」は違和感があるなァ。
どの映画も一国の「王様」や「王子」が簡単に一騎打ちをやってしまうだよね。
どう考えても王様が「命」を懸けた一騎打ちなんてやるはずないんだよ・・・。なのにアメリカ人は一騎打ちをさせたがる。

これは「挑戦されて逃げるやつは卑怯だ!」というアメリカン精神から来るものなのかな。
もしそうなら、ハリウッドの中世ものは、ずっとこの路線で行くんだろうな・・・ ('A`)


お次は隠し剣鬼の爪
原作も知らないし、映画の評判もまったく知らずに観賞。

人間ドラマを撮る、<山田洋次>監督らしい映画でした。
私は楽しめましたよ♪

ちょい役で<田中邦衛>が出てくるんだけど、これが「北の国から」の<黒板五郎>のまんま(´∇`)
そのまんまだから、余計楽しかった♪

観終わった後に、ネットで「隠し剣鬼の爪」の評判を覗いてみたけど、あんまり良くないね。
その大半が「たそがれ清兵衛と同じ」という意見でした。

まァ、確かに似てるかな。

          川・з・)

じゃ、また明日。
[PR]
by davi03_04 | 2005-05-11 22:48 | 映画・ドラマ・アニメ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://avidavi.exblog.jp/tb/1925277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< スーパー耐久 F1 サンマリノGP >>