武士の献立

加賀藩の政治的な内紛がメイン。料理は、そこに少々絡む程度。
何をみせたいのかサッパリわからない、典型的な邦画作品。
「武士の家計簿」といい、このシリーズには軸がござらん。

次は「栗田の反転」にしたらどうか。
エンドロールは、反転し逃げてゆく栗田艦隊を空撮。46cm砲の涙。
映画のレビューでは「ラストが納得いかない」と批判コメント殺到。ははは。
どのように戦い、いかに負けたか。近代史は鉱脈の宝庫だ。
[PR]
by davi03_04 | 2014-01-05 13:54 | 映画・ドラマ・アニメ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://avidavi.exblog.jp/tb/19298374
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 麦子さんと あけまして おめでとうございます >>