カント
50年前に作られたコースに、今も酔いしれる。傑作だ。
コーナーにはカントがあるしアップダウンもある。S字なんてラリーコースのようだ。

鈴鹿を走ると車もドライバーも鍛えられる。
そう語られている意味がよくわかった。自分の目でみると景色が変わるものだ。
a0011018_2393556.jpg

鈴鹿遠征の前に体調を崩すも、当日は復調。
しかし帰ってくると、またもや体調不良。

原因不明の発熱でCTなどの精密検査をうける。これは入院か。
「あ、やだな。入院保険入ってないや。失敗した」などと考える。

症状が長引くと、いろいろな憶測がでる。
「これはデング熱だ。いや、予後不良ではないか」
いろんな憶測がでるなか、異常なしの診断がでた。なんだよう。

翌月の健康診断でも、やはり異常なし。
なんだったのかな。ただ血管が細いので採血が苦手。今回は針を4ヵ所刺された。

「あれー、とれないか。ちょっと動かします」
へっ?針を刺したままグリグリ。
うううわあああああ。痛いけど情けない声をだすわけにもいかず、涙目で我慢した。
[PR]
by davi03_04 | 2014-10-12 23:09 | モータースポーツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://avidavi.exblog.jp/tb/20282125
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 将棋電王戦 FINAL 夏日のサーキット >>