GT選手権 第3戦 「セパン」
いまさらですけど、セパンのレースは熱かった。

NSXがターボを捨て、NAに切り替えたことにより予選から盛り上がりました。
(やっぱりHONDAはNAの方がいいよ。似合ってる)

#8のファーマンが、予選でぶっちぎりでポールを獲得。
このまま決勝でも#8が逃げ切るのかと思いきや、高温&ソフトタイヤが災いし、徐々にタイムが落ちる。

#8がピットインを終えた後コースに戻ると、#1がすぐ後ろまで迫っていました。
a0011018_23494912.jpg


そこから十数週に渡る駆け引き。
#1が#8の様子をじっくり伺う。#8は厳しい。少しでもミスをすれば、抜かれてしまいます。
a0011018_2350313.jpg


ミスをせずに#8も走りましたが、タイヤを温存していた#1が1コーナーで仕掛ける。
a0011018_23502476.jpg


#8も粘りましたが、抜かれてしまいました。
そこから差がついて#1が独走するのかと思いきや、距離が離れない。それどころか詰まっていきました。

今度は#8が#1を追いかける展開に。いいレースだ(´∇`)
ラスト3ラップで、#8がインに飛び込み抜き去る。
a0011018_23514070.jpg


さらにその週の最終コーナー。抜かれた#1が#8を抜き返す。

壮絶なデットヒート。

しかし#8は最終コーナーで力尽き、ついていくことがでなかった(ノ∀`)
優勝は逃げ切った#1のZでした。

それにしても、いいレースだった。
いつもこんな展開だといいのになァ。

               川・з・)

じゃ、また明日。
[PR]
by davi03_04 | 2005-07-06 23:52 | モータースポーツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://avidavi.exblog.jp/tb/2077240
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ソクラテス 「海猿」と「がんばっていきまっ... >>