北九州将棋フェスティバル
竜王の糸ダニー。
丁寧すぎる物腰に愛嬌があります。
a0011018_2042435.jpg


a0011018_2043729.jpg


a0011018_2044984.jpg

早指しの棋士だけに、指導対局も早い早い。ピシピシピシ。
パっと一目で手が見えるようになれば将棋を指すのが、もっと楽しくなるんだろう。
5手詰で悶絶する僕には、まだまだ遠い話であります。

そもそも、なぜ将棋なのか。
「棋は対話なり」という言葉がありまして、指していると、その人の性格(棋風)がよくです。
パズルのようでもあり、なぞなぞのようなゲームでもあるので、いろいろな答えが返ってきます。
十人十色。そこが面白いのです。
[PR]
by davi03_04 | 2015-05-04 20:05 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://avidavi.exblog.jp/tb/21191953
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 2015 全日本ダートラ第2戦... 指導対局 >>