鈴鹿1000Km(5) 「シミュレーター」
a0011018_2155339.jpg

オートスポーツ誌でドライバーの練習方法をタイプ別に紹介していた。
多数派はレーシングカート。速いカートじゃないと意味がないらしい。

シミュレーター派は、本山さんと石浦の2人。
どちらも好調なドライバー同士なので意味深だ。

石浦はグランツーリスモでのセッティングの話もしていた。
オーバーステアのセッティングにして、走りくい車にするそうだ。
僕も同じことをやっていた・・・NSXで。

丁寧にステアリングを切らないと、まともに走れない状態がベストです。
(ハンコンじゃないとダメですよ)
[PR]
by davi03_04 | 2015-09-22 21:06 | モータースポーツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://avidavi.exblog.jp/tb/21669452
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 鈴鹿1000Km(6) 「旅は... 鈴鹿1000Km(4) 「勝負... >>