鈴鹿1000km 観戦記@意識編
a0011018_15564891.jpeg
今年度のラッキー兄さんのスローガン。
「意識が高い」
お気に入りのワードらしく、最近よく使っていました。
それを忘れていたダビットソン。たびたび叱られる。

福岡から鈴鹿まで700kmの道のり。
深夜の高速道路をひた走る。サービスエリアでドライバーチェンジ。
ピットでドリンクを補給する。元気になるドデカミンを選択。

「貴様!なんだその意識の低さは!」
こういう場合はエナジードリンクだ。
「コレが意識が高いってことだ」
そう言いながらレッドブルを見せつけるラッキー兄さん。

さあ、やっかいなコトのなってきました。
お気に入りのワードは連投してきます。
前年の鈴鹿遠征ではサービスエリアにレーンチェンジするたびに、
「ボックス ボックス ぶぶぶぶぶぶぶぶぶ」と口ずさむ。
ぶぶぶ、はピットレーンで速度制限されたエンジン音。

今年は意識できたかw
観戦後の居酒屋。美味しい料理にお酒が進む。
「カルピスサワーをください」
何気なく頼んだカルピスサワー。そこに反応した。

「貴様!また意識の低い飲み物を頼んだな。アリエナイヨ!
そんな意識の低さだから武藤にポールを奪われるのだ。男は黙ってハイボール」
どっちもどっちである。

さてカルピスサワー。
これに、あっさり酔わされたダビットソン。
トイレで酔いがまわり、足まわりに力が入らなくなる。便座ガレージで固まる。
サンドトラップにハマる柳田のごとし。オフィシャルに引っ張りだしてもらうかw

ロングピットに危険を感じるラッキー兄さん。
あいつ… 意識の低い面倒なことを起こしてるんじゃ…。
どうしようかな。兄さんに電話して牽引してもらおうか。考慮中に足に火が入る。
「貴様!何をやている。アリエナイヨ!4周回遅れだぞ」
フワフワしながら無事ホテルの部屋まで帰還。

そんな意識の楽しい夜でした。








[PR]
by davi03_04 | 2016-09-04 17:38 | モータースポーツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://avidavi.exblog.jp/tb/23190216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 駒落ち 開催 >>