Fポン <オートポリス観戦> (2)

スタンドで寝ている間に「ヴィッツ」レースがはじまりました。
参加車両は9台。ちょっと寂しい。
3Lapもすると、上位グループと下位グループがはっきりわかれました。
やっぱり上位のドライバーは、曲げ方が上手。しっかり荷重をかけて曲がっていました。


ヴィッツの後は「Fポン」のフリー走行。
a0011018_12101673.jpg

a0011018_12102439.jpg



なかなか迫力があるサウンド。
やっぱり<NA>は気持ちがいい♪

1週でいいから乗せてくれないかなァ(´∇`)
見てると乗りたくなってくる。


フリー走行の後は「トークショー」。
a0011018_1210424.jpg

a0011018_12105486.jpg



「立川&虎ノ介」
「中嶋監督」


<立川>と<虎ノ介>の2人。思ったより、いい雰囲気でした。
シーズン開幕前の、険悪な匂いはどこへやら。
虎ノ介に触発されて立川が速くなったような気がします。


トークショーの後は「ピットウォーク」

a0011018_12134235.jpg



人だかりが出来ていたので「誰がいるのかな?」と思ったら・・・。
a0011018_1211924.jpg


くおッ。レースクイーン。
悔しいの1枚撮ってやりました。

トムス(F3)のピットには、「大嶋和也&スーティス」のコンビ。
a0011018_12114035.jpg



大嶋は土曜日は1位。日曜日は2位のリザルト。
だいぶ復調してきたようです。ふっきれたかな。


インギングの前には「クインタレッリ&横溝」。
a0011018_12115344.jpg



道上もいたし、本山もいました。
a0011018_12125162.jpg

a0011018_12125852.jpg



不覚。失敗した。
サインがこんなに貰いやすい状態とは思ってなかったので、プログラムもペンも何も持参しなかった('A`)
来年(開催されたら)は、しっかり準備をしていかねば。


おッ。忘れてた。
アウトバーンのスタッフ<Iさん>のF3時代のお友達もいました。
a0011018_12131395.jpg




Fポン<決勝レース>
20台以上のフォーミュラーマシンが一斉にスタート。すんごい迫力。
ポールの<小暮>と<クインタレッリ>がつばぜり合い。車体が当たる。バーツが飛ぶ。そして小暮がスピン。

いわゆるレーシングアクシデント。仕方がない。
・・・と思ったら、クインタレッリにペナルティー。

「????????」
スカパーの映像でも確認したけど、理解できないペナルティー。
相変わらず奇妙な裁定をするJAF。レースが台無しですよ、と。


レースは<松田次生>が数年ぶりの勝利。
インパルに移籍したのは正しい決断でしたな。
上品で遠慮深い走りは消えて、プロらしく“アグレッシブ”になってきた。



「帰路」。
地図は持ってきていませんでしたが、日田方面から下道で帰ってみることにしました。家に着くまで4時間以上かかってしまった。ちかれたー。


           川・з・)




じゃ、また明日。
[PR]
by davi03_04 | 2006-08-08 12:13 | モータースポーツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://avidavi.exblog.jp/tb/4091109
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 博士の愛した数式 Fポン <オートポリス観戦> (1) >>