鈴鹿1000Km  (3)チェッカー

1000Kmレース。
退屈なレース展開をイメージしてたけど、とても耐久レースとは思えない内容でした。まさに“スプリント”の1000Km。おもしろかった♪

スタートからゴールまで6時間アタックしつづけた#12(カルソニック)には脱帽。すごいチームだ。星野さん、かっこイイぜい。

でも、今回のレースで1番印象に残ったのは・・・。井出。
歴史に名を残す暴走でした。


177 音速の実況名無しさん New! 2006/08/20(日) 15:09 ID:DgG/0AD.
Q.ペナルティを受けた心境は?
A.まだ実感ないな

Q.なぜ、ピットに入った後スルーしたのか?
A.オレ流のサプライズや

Q.本山・松田が反発していますが?
A.言いたいことがあったら言ったらええ、人それぞれ、いろんな見方があるからな

Q.観客からも、走行に批判的な声が上がっていますが?
A.それぞれ判断基準があるからな。 でも、オレはサーキットを走るだけやから。

Q.最後にテレビの前の視聴者に一言お願いします。
A.どんなもんじゃ~~~~い!!



笑いすぎて目が冴えて眠れなくなってしまった(´∇`)



             川・з・)



じゃ、また明日。
[PR]
by davi03_04 | 2006-08-23 04:50 | モータースポーツ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://avidavi.exblog.jp/tb/4169050
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 勝てない 鈴鹿1000Km (2)ライトオン >>