タブロイド新聞 Vol.6

【速報】ダンロップ杯 乗り耐
久々に天候に恵まれたメガ耐。青空の下、レースが開催される。
ワークス・ボデーは4名(総裁、ラッキー琢磨、ムーブエミ、ダビットソン)での参戦。
車両は24号車。遅くはないが、ドライバー達は「立ち上がりが悪い。全然グリップしない」と不満を口にする。
a0011018_2393195.jpg
≪タイトラ≫
総裁の一撃で3位に滑り込むも、トップとのタイム差は0.5秒。
絶望的な雰囲気が漂う。




≪決勝≫
エースのムーブエミが驚異的なタイムで周回。
しかしダビットソンが0.3~0.4秒落ちの悲しいタイムを連発し、それを帳消しにする。
a0011018_2395622.jpg
膠着状態のままレースは進み、ボデーは3位でチェッカーをうける。
表彰式の後にサプライズがやってきた。ラッキー琢磨がブレない強さを発揮し、次回、耐久レースの無料招待券を勝ち取る。
「優勝するより嬉しい」と全員ではしゃぐ姿が微笑ましくあった。






軍事評論家の<岡部いさく>氏はが、レースを検証する。
a0011018_18452392.jpg


















北部九州戦線における苦戦は、幹部達にも誤算だったようです。
広範囲での活動を考慮し“遠征レース用中距離弾道ミサイル・ダビットソン”を<まったり>に配備していますが、
相手チームに脅威を与えることができなくなっていますし、「偶然だぞ」的な成果しかあげられていません。
そして本日の合同演習(レース)でも、ダビットソンの性能に疑問符がついてしまいました。
これにより幹部達は、多彩なドライバーを搭載でき、全天候型ドライタイヤでのレースなど多様な任務に対応できる、
F-15Eボデーのみに絞った展開も検討しています。
しかし、友軍でありながらライバルチームでもある<まったり>の常時展開の継続を求める声もあがっています。
人員縮小にともなうグループ再編がどうなるか気になります。
[PR]
by davi03_04 | 2009-03-15 23:14 | まったりRacing | Trackback
トラックバックURL : http://avidavi.exblog.jp/tb/8068713
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< サニックス杯 国際ユースサッカー大会 タブロイド新聞 Vol.5 >>