WRC 第5戦 アルゼンチン

ローブと対等に戦えるのはペターだけ。
しかし、いかんせん旧車では戦闘力が・・・。

フォードは若手同士を組ませたことが裏目に出ているかも?
セッティングなどで迷っていても、アドバイスしてくれる人がいないしなぁ。

サインツ先生が臨時講師でフォード入りしてくれれば、
伸び悩んでいる2人をどうにかしてくれそうな気が・・・ しなくもない。

サインツ先生の生徒だったローブが、
「サインツは僕に教えすぎたね」なんて言ってるぐらいだから。

でも、もとから先生はそういう人なんです (笑
どこのチームのドライバーだろうが、
「おい 小僧ども集まれ! タイヤの使い方ってやつはな ゴニョゴニョ」と講習会を始める人ですから。

はっきりいえば、サインツは天才肌じゃない。
だからこそ教え方が上手かったんだと思う。
[PR]
by davi03_04 | 2009-05-10 22:48 | モータースポーツ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://avidavi.exblog.jp/tb/8265845
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by lucky-takuma at 2009-05-12 21:16
自分はタイヤの使い方よりも
完走する事の大事さをラトバラに教えてあげる人希望っす
Commented by davi03_04 at 2009-05-17 00:23
ラトバラは集中力が切れやすいですね。
速さはあるけど・・・ 凡ミスが多すぎです。

そう考えると、3日間で500Kmの道のりを、
全開で走り続けたマクレーって、とんでもない男だったと改めて認識しましたです。


<< ラリーがみたい 踊る人 >>