カテゴリ:モータースポーツ( 204 )
残り3分
一貴「No パワー … … …」

ドーハの悲劇級の惨劇。
勝負ごとは優位に試合を進めても、そこから勝ちきることが、いかに難しいことか。
きっちり勝てる者だけが王者になれる。

勝てそうだったのに…。
アビスパは、そんな試合の繰り返し。
足りないのは「気持ち」ではなく自信。成功体験。
それがないから不安で怯えてしまう。

安西先生のように言ってあげるのだ井原監督
「君たちは強い」と。
我が子のような選手達に「それでもプロか!」などと罵倒してはいけない。
自信がないだけなんだ。セカンドステージは踏ん張れ。









[PR]
by davi03_04 | 2016-06-19 22:45 | モータースポーツ | Trackback | Comments(0)
ル・マン24H
a0011018_2255939.jpg

ニュル24は雹に雨。
ル・マンも雨かあ。やっとスタート。

日産は転進していない。
ニスモの開発で、LMP1にリベンジして欲しいであります。
[PR]
by davi03_04 | 2016-06-18 23:06 | モータースポーツ | Trackback | Comments(0)
JP (´;ω;`)
a0011018_20455627.jpg


これが500Kmレース。
立川なんて最終ラップにパンクしたこともあるんだ。

星野御大は、旗艦に怒鳴り込むほど闘志満々でワークスとも戦っているんだ。
また次のレースでがんばろう。

日産には順位によりボーナスがある。
その中でも優勝ボーナスは破格らしい。
だから日産同士で優勝を争うのは、でっかいニンジンの争奪戦。

相手がニスモだろうと、レースだからバトルはOK。
でも、接触すると過失の割合で日産内のペナルティー対象になる。

だからロニーが幅寄せを越えて車体を当ててきたことに、
「ニスモなら何やってもいいのか!?」という感じの抗議になるわけで。

それを踏まえて日産同士の優勝争いをみると、おもしろいです。
[PR]
by davi03_04 | 2016-05-04 20:48 | モータースポーツ | Trackback | Comments(0)
スーパーフォーミュラGo On!
a0011018_859221.jpg


BSフジで放送しているスーパーフォーミュラの番組。
オンボード映像をおりまぜた予選~決勝のダイジェスト。

解説は本山哲。
スプーンの出口は逆バンクになっているんだ。今さら知りました。
タイヤがヨコハマになって、特性を探りながらのレース。
5年走らないと勝てるようにならない一見(新人)さんお断りのカテゴリーには、よい刺激です。

スーパーフォーミュラはワンメイクで車輌開発もないので、
セッティングを見つけたチームが勝ち続けていく。
ドライバーよりもレースエンジニアの力量が大きくでます。

そこにやってきました。F1に片足突っ込みながらバンドーン。
さすがGP2チャンピオン。予選、決勝と上手さをみせつつ3位表彰台。
人気も抜群。パドックではサインを求めるファンが押し寄せる。さすがF1ブランド。
僕もバンドーンの走りはみてみたい。

予選はおもしろかった第1戦。
しかし決勝はいつものパレード模様。
コース上でオーバーテイクができないから、ますますエンジニアレースになってしまう。
予選で失敗するとノーチャンスになってしまうのは観戦するファンには、つまらないレースです。
[PR]
by davi03_04 | 2016-05-01 09:00 | モータースポーツ | Trackback | Comments(0)
ラリー唐津 2016
天気も良く、
まったり唐津でラリーを観戦。
a0011018_20291981.jpg


a0011018_20294050.jpg


a0011018_2030783.jpg

休日をサイクリングで楽しむラッキー兄さんと会場でばったり出会う(゚ロ゚ノ)ノ
ラリーといえばスバルと三菱。
そこに日産とホンダのウェアを着ている人がいると「あれ!?あそこにいるのは・・・」と察しがつくのであります。

SGTは千代の劇走にハラハラドキドキ。
4輪スライドしながらコーナーから出てきたときは「ぶわあああ!」
こんなアグレッシブなドライバーだったかなあ。元気な若手がでてきた。
[PR]
by davi03_04 | 2016-04-12 20:33 | モータースポーツ | Trackback | Comments(0)
「BS1スペシャル F1 世界最速への挑戦第3回」
「BS1スペシャル F1 世界最速への挑戦第3回:ホンダは復活できるのか」
2016年3月26日(土)午後9時00分~9時50分 放送

SGTが開発凍結という悪手をやるものだから、
開発はF1で楽しもう・・・、と思いきや、まさかのBS放送終了。

このNHKの特番は見ればみるほど、勝てない理由が視聴者に伝わる。
おもしろ番組。

モータースポーツは道具を開発して順位を争う特殊な競技。
そこで勝つには強烈なリーダーシップをもった人間をトップに据え、
方向性を示さなければ開発のスピードは上がらない。

車体本位のサイズゼロ。
ドラッグをパワーで押し切り、空力で曲がるのがF1。
エンジンを小さくしたら馬力も無くなりました・・・。
それでは本末転倒でござる。

フェラーリが捨てたサイズゼロ。
ホンダは小さなPUなりのパワーは出してるんじゃない。
あとはPU主体の車体をマクラーレンに要求できるリーダーがいれば、おもしろくなりそう。
[PR]
by davi03_04 | 2016-03-25 13:38 | モータースポーツ | Trackback | Comments(0)
F1 視聴できず
今年からBSの放送も無くなっていた。
番組表を確認しても、出てこないはずだ・・・。

F1も見る、程度の人間には有料放送はアジアの壁、井原正巳。
[PR]
by davi03_04 | 2016-03-20 13:33 | モータースポーツ | Trackback | Comments(0)
SGT 2016年は車輌開発凍結
a0011018_13392416.jpg

昨年の使いまわしの車輌を走らせるですと!?
自動車レースの醍醐味である「進化」を否定して、何をサーキットで表現するのだ。
順位だけしか見せるものがないなら、ジャンケンでチャンピオンを決めてしまえい。
がっかりです(´・ω・`)
[PR]
by davi03_04 | 2016-03-06 13:40 | モータースポーツ | Trackback | Comments(0)
センスは「ある」「ない」ではなく磨くもの
a0011018_21484618.jpg

立川の変態セットを乗りこなしてしまう石浦。
下積み30年。そう思わせてしまう雰囲気をまとう職人ドライバー。
コツコツとキャリア積み上げ、今年はフォーミュラのチャンピオンを獲得。

メカにも詳しく燃費走行も得意。
このタイプのドライバーを光らせることができるのは、圧倒的な速さをもったドライバーのみ。
ライバルの登場を求む。
[PR]
by davi03_04 | 2015-12-31 21:49 | モータースポーツ | Trackback | Comments(0)
日産自動車、2016年 世界耐久選手権LMP1クラス参戦取りやめを決定
技術の日産。
技術不足により撤退・・・ もとい。
転進である。
[PR]
by davi03_04 | 2015-12-23 12:54 | モータースポーツ | Trackback | Comments(0)