カテゴリ:調べてみました( 5 )
糖分

やっと梅雨明けです。
たっぷりカートを楽しめます。クソ暑いけど。

真夏にレーシングスーツにプロテクターを装着すると、コースに出る前から汗だく。暑いー、と唸りながらカートに乗り込みコースイン。

私はロングランが好きなので、コースに出ると30分ぐらい走りっぱなしです。
ほんとは1時間ぐらい連続で走ってみたいんだけど、喉の乾きに耐えれきれず水分補給のためピットに戻ります。

走った後は、ジュースは飲む気になりません。いつも以上に甘く感じてしまいます。だから「ミネラルウォター」や「お茶」に手が伸びます。


そこで“ふと”考えました。
ジュースの糖分ってどれぐらいなんだろう?

調べてみたら、ジュース(350m)には砂糖が<30g~40g>入っているそうです。角砂糖にすると、10個分(゚ロ゚ノ)ノ

そんなに入っていたのか・・・。気付かなかったや。

しかし、それもそのはず。ジュースには甘さを隠す技があるようです。
水に角砂糖を10個入れて飲んでも、美味くはないでしょう。

ではソレに炭酸を入れて“サイダー”っぽくしてみたら・・・。
「ウマッ」っと感じるはず。

そう、甘さを隠す秘密は「炭酸」らしい。
コイツにごまかされて甘さが感じなくならしい。


暑い夏。
炭酸には、ご注意を。


               川・з・)



じゃ、また明日。
[PR]
by davi03_04 | 2006-07-28 02:07 | 調べてみました | Trackback | Comments(4)
クラクション
車に付いてますよね、クラクション。鳴らすと「プーッ」って音が出るやつ。

どうやらこの「クラクション」というのは、商品名らしい。最近知ったよ。
「ウォークマン」と同じで、商品名が一般化してしまってるみたい。

だから正式には“クラクション”ではなく、「ホーン」と呼ばないといけないらしい。

でも、わかりやすから“クラクション”でいいや(´∇`)



           川・з・)



じゃ、また明日。
[PR]
by davi03_04 | 2005-08-17 23:58 | 調べてみました | Trackback | Comments(0)
ブラズマと液晶
電気屋に入ると、薄型の大型TVがずらりと並び、「ブラズマ」や「液晶」という単語が付いています。似たような薄型のTVなのに名称が違うんだよね。

「どこが違うんだろ?」といつも思ってました。
(TVを買い換えるつもりはないんだけど)

って、ことでネットで調べてみました。
製品(プラズマ・液晶)の対比をしているサイトは多いけど、仕組みを書いているサイトがなかなか見つからない。

見つからないなら、見つけるまで探すまでよ。フハハハ
なんでこんなに意地になっているのかわかりませんが、探し続けました。

すると・・・、あったー♪
TV・プロジェクターの選び方

ふむふむ、勉強になることばかりです。
液晶って光らないんやね。こんな仕組みになっているんだァ。

下の方にある、東芝が開発した「SED TV」。これは期待されてるんだよね。
ブラズマや液晶は価格が高いので、画像もブラウン管より綺麗だと思いがちだけど、実はブラウン管の方が画像は綺麗なんだよ。

その綺麗なブラウン管並の画像を大画面で見せられる、というのが「SED」の特徴。(ブラウン管は大型化しにくいのが弱点です)

東芝によると、やっと開発が終わったらしく、これから製品化に入るらしい。店頭に並ぶのは2007年ぐらいになるらしい。2006年のW杯(サッカー)特需が終わった後の販売になりますな・・・。もったいないのう。

          川・з・)

じゃ、また明日。
[PR]
by davi03_04 | 2005-07-21 23:40 | 調べてみました | Trackback | Comments(0)
気になるアイツの名前は?
部屋で小さな蜘蛛を、よく見かけます。
今までは気にならなかったのに、今日は何故か気になります。気になって仕方ありません。

「だいたい、オマエ(蜘蛛)は、よく部屋で見かけるけど、なんて名前なんだ?
を名乗れりやがれってんだ コンチキショー!」

と、蜘蛛に詰問しても、答えてくれるわけがありません。なので仕方なくネットで調べることに。

んが、なかなか見つからない。名前すらわからないので、探すのが困難であります。
「蜘蛛 家 小さい」etc
いろんな言葉を並べてみましたが、出てくるのはクソでかい蜘蛛ばかり。
寄生虫のような蜘蛛の画像までありましたし・・・。
http://www13.plala.or.jp/MUDAI/kumo.html
きもッ!

で、私が名前を知りたい蜘蛛はですね、イメージ検索で「蜘蛛 家の中」と入力したら出てくる画像の、右から2番目のやつです。(リンク切れのため、写真のあるサイトにはいけませんでした)

小指の爪ほどの大きさの蜘蛛です。しっかり調べてから書きたかったんですが、なにやらテツ気配するので、探索を断念せざるおえません。くッ 無念。

               川・з・)

では、よい連休を (・∀・)ノシ
[PR]
by davi03_04 | 2005-03-18 21:42 | 調べてみました | Trackback | Comments(5)
アメリカンフットボール誕生の歴史
むか~し むかし 中世ヨーロッパの戦場では、敵の大将首を蹴って遊んでいたそうです。それがサッカーのルーツといわれております。そしてそのサッカーから新たなスポーツが生まれます。

イギリスのロンドン郊外に<ラグビー高校>がありました。そこの生徒がサッカーをやっていると、何を思ったのかボールを抱えて走り出しました。これがラグビーの始まりといわれています。

サッカー、ラグビー、どちらの競技もアメリカ大陸にも渡っていきました。
アメリカでもサッカーは人気でしたが、ラグビーはサッパリだったようです。

しかし、そのラグビーに目をつけた大学がありました。名門のハーバート大です。彼らはラグビーをアメリカ流に作り直します。それが「アメリカンフットボール」となっていくのです。
だからアメフトにはラグビーの面影が残っています。

(なぜ「アメリカン“ラグビー”」ではなく「アメリカン“フットボール”」なのかは謎です。足、使わないのに・・・)

参考資料
「すぐわかるアメリカンフットボール」 山谷拓志 著
         
             川・з・)

じゃ、また明日。
[PR]
by davi03_04 | 2005-01-26 20:34 | 調べてみました | Trackback | Comments(0)