<   2005年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
Nrburgring
そのうち書きます、なんていいながら昨日の続き。
いやさ、もっと迫力のあるオンボード映像を見つけちゃって「こっちを貼っとけば良かったなー」なんて思っているのであります。
今度の動画は昨日のより迫力ありますよ♪

なんってたってェ~♪ア~イド~ル♪ 
なんってたってェ~♪ア~イド~ル♪

ゴホンッ。
前回はスバルの市販車でしたが、今回はレーシングマシン(BMW M3 GTR)です。
レースに興味のない方にも迫力が伝わると思います。
動画はGari@Suta-GUTIさんの所に置いてありました。

迫力があったでしょう(´∇`)
あんな下り坂を全開で駆け下りていくんだからなァ、恐えーよ。

ついでにGT4のニュル好きな方はエンジン音に注目すると面白いですよ。
コーナーごとでアクセル開度や踏むポイントが違いますので、ゲームの参考になるかと思います。(ただファイナルラップ映像のようですので、タイヤがタレてることを考慮してチョ)

それでは本題
【ライセンス獲得への道(シルバーorブロンズ) ~ニュルブルクリンクの走り方~ 】

ニュルはレース好きの方には楽しくても、ゲーム好きの方には辛いコースだと思われます。

ニュルのライセンスがとれない方は、1/3程度走ったところでコースアウトして「失格」というパターンがほとんどだと思われます。知らないコースを全開で走るはちょっと無理があります。

なので、まずは「コースを覚える」ことから始めましょう。
<フリーラン>では目標にするものがタイムしかありませんし、なにより初心者の方には退屈でしょう。

それにCOMがいればコーナーのスピードを比較できるので、<アーケードモード>を選びましょう。(COMを抜く時はストレートで安全に抜きましょう。コーナーは幅が狭いので抜きづらいし、コースアウトする危険があります)

選ぶ車種はコントロールしやすい300ps以下の車にしましょう。
敵車のレベルは、ご自身に合わせて下さい。

1位になることは考えなくていいので、しっかりCOMについて走りましょう。
いきなり全長20Kmのコースを覚えるのは不可能ですから、まずはRのきついコーナーの箇所を覚えます。(6or5速から2速に落とすようなコーナーです)
Rのきつコーナーを覚えたら、次はブレーキをかけギアを落とさないと曲がれないコーナーです。7週も走れば自然に覚えらるはずです。

※もちろんライセンス試験と同様、コースアウトしないように走って下さい。
コースアウトしながら1位になっても意味がありませんよ。あくまで「ライセンス」のためのですからね。

COMレベルを「3」以上にあげても1位になれるようになったら、ステップアップです。よりハイパワーな車に乗り替えです。500ps程度の車にしましょう。

1週走るとわかりますが、300psではブレーキなしで曲がれたコーナーが、500psになるとスピードが出すぎて曲がれないコーナーが数個あります。
そこをしっかり覚えましょう。そこさえ覚えてしまえば、もうコースアウトすることはないでしょう。

そしてここでもCOMレベル「3」以上に勝てるようになりましょう。
勝てたら卒業です。ライセンスに挑戦しましょう。

ライセンスのマシンは恐ろしいほどパワーが出るので、8割程度に抑えて走ることです。あくまでシルバーorブロンズが目的なんですから。

ブロンズなんてクルージング程度であっさり獲れますよ。なんでこんなライセンスに手間取ってたんだ、っていうぐらい簡単になっているはずですよ♪

※ゴールドを狙いたい方は、上の方法を、よりハイパワーな車で繰り返りかえして下さい。
アタックする時は9割程度で走った方がいいですよ。コーナーの数が多いので、ギリギリまで攻めるとどこかでミスを起こしてしまいますから。

●レース好きorGTファンにお薦めのサイト
山野哲也のEnjoy!スポーツドライビング
山野哲也のサーキット攻略講座(鈴鹿・もてぎ・富士etc)

実は私、山野選手は好きじゃなかったりして・・・ ハハハ。
だってこの人、接触が多すぎる。相手を外に押し出すこともあるし・・・。('A`)
でも、↑のサイトはおもしろいですけどね。



              川・з・)

んんん。
なんだかオラ焼肉くいてーぞ。

1400点が出ました。高い点数なのか、低い点数なのかいまいちわかりませんぜ。

               川・з・)

じゃ、また明日。
[PR]
by davi03_04 | 2005-03-31 19:51 | ゲーム | Trackback | Comments(0)
日本快勝!!!

[サッカーWCアジア最終予選 第3節]
テレビ朝日は、相手のオウンゴールによる得点のみ(1-0)だった日本代表の結果を「快勝」と報じた。
どこをどうみれば「快勝」といえるのであろうか。この「快勝」には誰しも疑問をもったことでしょう。

メッセやDCでも、この「快勝報道」は話題になりました。
みんな爆笑してましたよ(´∇`)

誰もが知っている「快勝」とは、胸のすくような勝利、という意であるはずです。
引いた相手に単調な攻め。
得点の予感すらしない。
変化もない。

こんな退屈な攻撃を90分繰り返した日本。おまけに得点はオウンゴールの1点のみ。
その内容に「快勝!!」とテロップをいれますか・・・。

たぶんテレ朝語では「勝ち=快勝」なんでしょう。だから負けると「負け=大敗」という報道になるんでしょうな。
ああ おそろしや~。

            川・з・)

SUPER GTを観ていたら、無性にGT4がやりたくなりました。
GT4にはJGTC(現:SUPER GT)の車両が収録されているんですよ。使いまわしの車両がほとんどですけど・・・。ここが批判されている所でもあるんですよね。

いかん、いかん、また批判してしまう。
どんな物にも長所と短所はあるんだから、短所ばかりを突っついてもしょうがない。GT4にだって長所はある。
「・・・ きっとどこかにある」

そんなわけで、購入してから4時間程度しか遊んでいないGT4をひっぱり出す。
<アーケードモード>を選択し、コースを選ぶ。チョイスしたのは難関ニュルブルクリンク(全長:20.832km 。高低差:300m)。

ココで清水和夫氏のニュル北コースを走っているオンボード映像が見れます。左下にある「性能を極める」をクリック♪

(※動画が見れない場合はポップアップがブロックされている可能性があります。ブラウザの下に出てくる「ポップアップをプロックしています」という所を無効にするとみれるよん)

動画を見て頂くとわかると思いますが、とんでもないコースです(オンボード映像じゃスピード感がないかな?)。高低差はあるし、スピードも出る。なのにコース幅が狭い。

とんでもねえ・・・。こんなコースを作るドイツ人は恐ろしい。
しかし、このようなコースがあるからこそ、ドイツ車の性能が「走り」と「質」の面で、日本車を遥かに上回っているのかもしれません。

日本にもニュルのようなコースがあれば楽しそうなんだけどねえ。

話はGT4に戻りましてと、お次は車種の選択です。<SUPER GT>を見た後なので、もちろんJGTCのマシンを選択するつもりです。
狙いはGT300で活躍するウェッズスポーツセリカ

このセリカはただのセリカではありません。
GT500のスープラの流用品を使って出来上がったマシンです。
外見はセリカだけど中身はスープラ。なので通称「セリプラ」ともいわれております。

ちなみに駆動方式もFF(前輪駆動)からFR(後輪駆動)に変更されています。究極の節約マシンといえるでしょう。しかも当然速い。

そんな至極のマシンを操るべくトヨタに入る。
しかし、あったのはスープラとMR-S(JGTC車両)。あり? セリカがないじゃないか。

あッ TRDの方に分類されてるんだな、と思いTRDに入りましたが・・・ ない。
どこにもない。ウェッズスポーツセリカが置いてないじゃないか プンプン。

アーケードモードじゃ選択できないのかな? と思いネットで調べてみると・・・。とんでもない事実が発覚。

アーケードモードの車種は、グランツーリスモモードと連動しており、好きな車でアーケードで走りたい場合は、グランツーリモモードでウェッズセリカを
獲得しなければならない、とのこと。

またもやGT4に対してフツフツと怒りが込みあげてまいりましたよ。
やり場のない怒り。これは困ったものです。ぶつけようがないんですから。

まァ、そこは私も大人。いいさ いいさ、グランツーリスモモードをやればいいんだろ、と立ち向かっていきます。
しかし「達成率10%」の数字をみた途端、やる気を喪失。

その後はニュルを雨宮RX-7で30週ほど走りこみ電源をOFFにしました。
ライセンスでシルバーをとれる程度の走り方は教えられますよん。(そのうち書きます)

               川・з・)

じゃ、また明日。
[PR]
by davi03_04 | 2005-03-31 00:06 | ゲーム | Trackback | Comments(0)
焦れる日々
何日ぶりだろう。
お久しぶりですな。テツが早く帰って来るので、書きそびれてしまいます。
更新もできませんでしたが、改装工事も中途半端な状態でした。

<改装工事の参考にさせて頂いたサイト>
しゃんくのつぶやき(スキン編集の目次)
ブログの玉手箱
両サイト様、ありがとうございます。

そしてタイトル画像にも使わせて頂いているDC。
改造スタジアムを製作されたヒールパサー様。
ユニホームを製作して頂いたシャア様と金chance様。

ここで皆様方にあらためて感謝の意を述べさせていただきます。
「ありがとうございますm(._.)m」

            川・з・)

今日もちょこっと手を入れました。これにて改装工事は終了です。(色はイジルかも)実はもうちょっとイジル気だったけど、数日間が空くとやる気が ゴニョゴニョ。

改装工事も気になってましたが、もっと気になってたのが、テツの<New PC>のこと。
「3月に買う」っていってたんだけど、もうすぐ4月ですよ('A`)
いつになったら買うんだろう。ムズムズ

焦らされる日々はいつまで続くんだろう。
キーボードやマウスもどれを買うか決めてあるんだけど、肝心のPCが来ないとねェ。うーん、困ったもんだ。

            川・з・)

先週末はスポーツで盛り上がりましたね。
金曜日にはサッカー、<日本ーイラン>
良くも悪くもいつも通りの内容でした。いつもと違ったのは負けたこと。
敗因は・・・。いまさらいってもしょうがないか。

しかもGKは楢崎だったしね。彼にはスーパーセーブがない。「やられる」と思ったら100%やられる・・・。

反面、代表のシャツを着た川口は凄い。
神がかり的なスーパーセーブを連発するからね。
でも、クラブチームではたいしたことないんだよなァ。不思議なヤツだよ。

●そして土曜日もサッカー。
代表の試合をやっていても、Jはリーグ戦をやっています。詳しくいえばJ2ですけど ムフ。
福岡ー湘南を博多の森で生観戦してきました。

結果はスコアレスドローでしたが、いい試合でしたよ。ゲームは完全にアビスパが支配していましたし、グラウシオが良かった。

新外国人の<グラウシオ>はパスセンスがあり、キープ力もあるのでタメが作れていました。
大塚に出したCBの裏を通すスルーパスは絶品でした。おもわず「うおッー!」と声をあげてしまうほどです。素晴らしいセンスだ。

いい補強をしたよ、なんでも彼を紹介したのはロペス(元日本代表)なんだって。TVで信竜もグラウシオのパスを絶賛していたらしい♪

このような「敵」と「観客」を裏切るようなパスを出せる選手はめったにいません。ちょうど代表が試合をやっているので中村俊輔を例にしてみましょう。

俊輔は確かに上手いです。が、彼は足技に優れているだけです。(あくまで私見ですので)
足技があるのでドリブルや正確なFK・クロスは武器です。

しかしファンタジスタと呼ばれるほどパスセンスはない。あるのは正確なキック。ベッカムと同類じゃないかな。

ピンポイントでパスを送ることはできるけど、敵も味方も欺くようなパスはありませんから。

話をアビスパに戻します。
そんな天性のパサーがいてもFWが決めてくれなきゃ勝てません・・・。もうFWとはいわない。誰でもいいから決めてくれよ、頼むよ。
ってことでゴールは次節の山形戦に期待。

●日曜日は野球観戦でしたよ。
そう生まれ変わったホークス
ソフトバンクホークスに名称が変わりましたが、いまだにダイエーと呼んでしまうのは私だけじゃないでしょう。

球場に行くと、開幕記念で応援グッズを無料配布しておりました。
でっかい指の形をしたスポンジ状のものです。デカすぎて邪魔でした。

試合の方は両チームで四球を連発し、ダラダラと長くなりました。
しかも延長に突入するおまけ付き。11回の裏に満塁からやっとカブレラが長い試合に決着をつけました。

昨年ドーム3回引き分けを観戦したので、また引き分けか?と不安がよぎりましたよ。

試合時間は5時間。なげーー。おかげでお尻や体が痛くなりましたよ。もう延長は勘弁して下さい。

●帰宅してから、昼に行われたSUPER GTのビデオをチェック。
予選順位を見て、「今年もZが強いのかァ」とボヤいておりました。
んが、レースはオープニングラップから波乱。

ポールポジションの新人<柳田>がスタートに失敗。(ローリングスタートで失敗するのは珍しい)
失敗したあげくに混戦に巻き込まれコースアウト。1週目で権利を失いました。
しかも権利を失ったのに#100を1コーナーで飛ばすし・・・。なんなんだコイツは プンプン。

さらにピットに帰ってきた柳田は、インタビューを受けるとしきりに主張しました。
「当てられた。誰かに当てられた」
#100を飛ばしたことは、どうでもいいんですか。ああ、そうですか。

なんで日産のドライバーってこうなんですかね。
私はどこのメーカーのファンではありませんが、確実に日産は嫌いになっていっています。

メーカーのイメージが悪くなっても気にしないんですかね、日産は。そうでしょうね、そうじゃないと2003年の鈴鹿のようなことはできませんし。

お行儀の悪い新人のバチが当たったのでしょう。レースは#1の独走かと思いきや、なんと#1がスローパンクチャーを起こしてしまい脱落。

優勝は04モデルの<#25 ECLIPSE ADVAN スープラ>。
横浜タイヤ、土屋監督、そしてドライバーの織戸学
おめでとうー♪土屋さんはGT500で初優勝なんだって。嬉しいだろうね。

GT300はZが初優勝を飾りました。
その300で気になったのが中嶋一貴
レース界で中嶋といえば・・・ そう中嶋悟。一貴は中嶋悟の実の息子であります。

しかし政治家やタレントではないので2世というだけでは走れません。ドライバーは「タイム」という明確な数字を出す必要があります。出せない人は淘汰されます。

それで一貴はですね・・・ 速いですよ。F3で開幕戦を勝った後、尻すぼみになりましたが、彼のレースは見ていて楽しい。
強引に行くべき所はいきますし、我慢する所は我慢できる。とてもルーキーには見えないレース運びをします。

今回の300での走りも非常に良かったです。
猛追して4位まで追い上げ#0に迫りましたが、コーナーで詰めてストレートで離される厳しい展開。

我慢できずにインに強引に飛び込むかと思いましたが、無謀なことはしませんでした。飛び込んでも接触してポジションを失うのがオチですからね。それにしても冷静なヤツだな、とても新人とは思えないよ。柳田とは ゴニョゴヨ。

彼の今後のレースに注目です。

                川・з・)

じゃ、また明日 (かな?)
[PR]
by davi03_04 | 2005-03-30 01:05 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
気になるアイツの名前は?
部屋で小さな蜘蛛を、よく見かけます。
今までは気にならなかったのに、今日は何故か気になります。気になって仕方ありません。

「だいたい、オマエ(蜘蛛)は、よく部屋で見かけるけど、なんて名前なんだ?
を名乗れりやがれってんだ コンチキショー!」

と、蜘蛛に詰問しても、答えてくれるわけがありません。なので仕方なくネットで調べることに。

んが、なかなか見つからない。名前すらわからないので、探すのが困難であります。
「蜘蛛 家 小さい」etc
いろんな言葉を並べてみましたが、出てくるのはクソでかい蜘蛛ばかり。
寄生虫のような蜘蛛の画像までありましたし・・・。
http://www13.plala.or.jp/MUDAI/kumo.html
きもッ!

で、私が名前を知りたい蜘蛛はですね、イメージ検索で「蜘蛛 家の中」と入力したら出てくる画像の、右から2番目のやつです。(リンク切れのため、写真のあるサイトにはいけませんでした)

小指の爪ほどの大きさの蜘蛛です。しっかり調べてから書きたかったんですが、なにやらテツ気配するので、探索を断念せざるおえません。くッ 無念。

               川・з・)

では、よい連休を (・∀・)ノシ
[PR]
by davi03_04 | 2005-03-18 21:42 | 調べてみました | Trackback | Comments(5)
Jリーグのススメ
レベルが低いといわれるJリーグ。たしかに低い。が、低いからこそ、おもしろい所もあるのです。
ヨーロッパの3大リーグでは、上位(3チーム)と下位が、はっき区別されてしまいます。選手層の厚さが違いますし、質も違うので仕方ありません。
なので、ヨーロッパでは毎年、同じチーム同士で優勝を争っています。金がないと優勝争いには絡めないんです。

しかーし! Jは違う。下位に沈んでいた貧乏クラブ、毎年降格の危機に晒されていた弱小クラブでも、よい「監督」を招聘すると、優勝争ができるクラブになることもできるんです。
Jは監督の「質」が色濃く反映されるリーグといってもいいでしょう。

そのいい例がベンゲル(名古屋)とオシム(ジェフ)じゃないでしょうか。
そーいえば、ジェフは「市原」から「千葉」に名称を変更したんやね。新聞で「千葉ー柏」という対戦カードを見た時、一瞬「千葉?どこ?」なんて思いましたよ。

まァ 名称を千葉に変えたからといって、サポが増えるわけじゃないのに・・・。まずジェフは、あのスタジアムが非常にマズイ。陸上トラックが付いてるし、おまけにスタンドが低い。あんなのじゃサッカー見て楽しむことはできないでしょう。あッ、そーいえば新スタジアムを建設するって話しがあったような、ないような・・・。

ジェフは置いといて、ベンゲルとオシムですな。
2人とも就任したクラブは下位で低迷していました。名古屋はJのお荷物と呼ばれるほど弱く、ジェフはアビスパと残留争いをするほどでした。そんな両クラブが、ベンゲルとオシムによって、別のクラブのように強くなりました。

ベンゲルは就任から6ヶ月で弱小クラブを、天皇杯優勝まで導き、オシムもジェフを優勝争いに絡ませる所までいきました。どちらの監督も弱小クラブで、1年以内に結果を残しています。これはスゴイ。それと同時に1年以内に結果を出せない監督は、無能とはいいませんが、質が低いということでしょう。

選手の「質」ではなく、監督の「質」が問われるのがJリーグ。海外リーグにはない特色だと思います。ジーコも、まずはJクラブの監督からやり直した方がいいぞ(´∇`)

               川・з・)

マウスやキーボードのことで、メッセでアドバイスをもらいました。
機種や価格にやって使いやすさが変わるんやね。高いものには、それなりの機能が付いてる、ってことなのね。いろいろあるなァ~。

じゃ、また明日。
[PR]
by davi03_04 | 2005-03-17 21:25 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
レースゲーム
またもや“リアルドライビングシミュレーター”を名乗るゲームが登場しました。その名もエンスージア。しかも製作したのがコナミです。まさに、びっくりコナミ。

しかしながら、さすがコナミ。GT(グランツーリスモ)がヒットし、自社ビルを建てるほど儲かっているのを黙って見過ごすことはできなかったようです。

サッカー(ウイイレ)・野球(パワプロ)、と他社の看板ゲーム(フォーメーションサッカー・ファミスタ)を上回るソフトをリリースし、自社のソフトを定番ソフトにまで押し上げたコナミ。そのコナミが、今度はレースゲームに挑戦。

肝心の中身の方はどうなんでしょうかね。ムービーやCMを見るかぎりでは、<GT4>が楽しめなかった層をターゲットにしているようです。定常円旋回やスライドをしているムービーが多いですし、コース紹介のナレーションでは「忠実に再現した実在都市を走るのではなく ホニャララ~」といっていますしね。

かなりGT4を突っついてしております。
そういわれるだけ、GT4の出来が悪かったのは確かですけど。

とりあえずエンスージアは様子見して、評判が良かったらか考えてみます。

             川・з・)

エンスージアの流れで、このままレースゲーム話へ。
エンスージアも気になりますが、私が気にしているのはスパイクから4月7日に発売されるWRC4

このシリーズには、2度泣かされましたが、気になって仕方ありません。WRC(1作目)は“酷い”なんて言葉じゃ済まないぐらいの出来でした。ゲーム以前の問題です。ロード時間が異常に長いんです。

洋ゲーはロードが長めですが、せいぜい10~15秒程度でしょう。WRCはそれを遥かに越えています。
「<秒>じゃなくて<分>ですから  残念!!」

SSを1つ読み込むのに、当然のように2分以上かかってましたから・・・。長いものでは、確か2分30秒ぐらいだったかな。
待っている間に固麺のカップラーメンができちゃいます(´∇`)

WRCで泣いたにもかかわらず、私はWRC2も買いました。
ロード時間が大幅に短くなった、というフレコミだったので、ついつい「うお!短くなったんだ」と、驚きのあまり手を出してしまいました。

ロード時間が短いのなんて当然のことなんですけど、<分>を体験した人間には「短くなった」とい言葉は、「サルが人間に進化した」ぐらいのインパクトを持ってしまうんです。

で、WRC2は確かにロード時間は早くなった。が、肝心のゲームー内容が改悪されていました。ガードレールや壁に軽く擦ってしまうと、磁石のように吸い寄せられフロントから直角に突き刺さってしまうんです。

製作者側は、接触に対するペナルティーのつもりでやったのでしょうが、余計なお世話です。軽い接触(こする程度)なんて実際のレースでも当然あるわけで・・・。

そもそも製作者の意図を、ゲームのシステムに押し出すのは間違ってると思うんだけどなァ。
間違ってる、というか勘違いしてるんじゃないか?
 
ゲーム界でもプロデューサーなんて言葉をよくききますが、そう呼ばれている人達が作ったゲームほど、押し付けがましい。

「作り手」は、あくまで黒子であるべきだと思う。遊び方はユーザーに任せればいいんですよ。
壁に当たりながら走るが楽しい、と思う人もいれば、ストイックにコースアウトや接触をせずに走る人もいるんです。
十人十色という言葉のとおり、楽しみ方はそれぞれあるのです。

なんだかいつものように、微妙に話しがそれつつあります。軌道修正。
そんなWRCシリーズの第三作目、WRC3。また勘違いしたプロデューサーが、今度はコ・ドライバー(道案内人)の音声を日本語のみに限定してしまいました。これにはラリーファンが大激怒。

日本語より英語の方が走りやすいし、なんといってもラリーの雰囲気が味わえるじゃありませんか。それを削除しやがった。海外版には付いているものを、わざわざ削ったのよ・・・。

もともとWRCシリーズはイギリスの会社が開発しているそうです。それをスパイクがローカライズして日本で販売しています。ローカライズのついでに品質まで落とすんじゃないよ。前作(WRC2)の失敗がわかってないのかな。

まァ イイ。イイんだよスパイクさん。WRC4に何も手を加えなければ。WRC4は海外でも高く評価されているようなので、今回は期待がもてます。

ムービーをみたけど、マシンが横転するところや、コース外に転がり落ちる姿、それに破壊されていくパーツの数々。笑ってしまうぐらい、おもしろかった。こりゃラリーファンにはたまりませんぞ。
スパイクがおとなしくしてればイイゲームだと思う・・・。頼むから手を加えるんじゃないぞ!

ちなみにWRCシリーズはGTシリーズとは対極的なゲームですよ。走って楽しい♪ ゲームです。

            川・з・)

じゃ、また明日。
[PR]
by davi03_04 | 2005-03-16 23:19 | ゲーム | Trackback | Comments(0)
F1開幕 =モータースポーツの季節到来=
今年は、見切り発射の大幅なレギュレーション改定が行われました。
・空力性能削減
・エンジン規制
・タイヤ規制
・ピットスットプ作業
・予選方式の変更
詳しいことココに載っています。

しかし、このレギュレーション、抜け道だらけで各チームから批判されています。エンジン規制では、壊れたエンジンは次のグランプリでは交換してもOKになっています。すると、開幕戦で入賞圏外が走っている車が、意図的にエンジントラブルを起こす(言い張る)ことも考えられます。タイヤ規制にしても同様です。
機能しないルールほど恐ろしいものはないと思うのですが・・・。グランプリを進行しながらレギュレーションを詰めていく気なんでしょうか、メチャクチャです。

日本人ドライバーの佐藤琢磨もこのレギュレーションに殺されるような気がします。昨年までの、激しいドライビングを1本のタイヤで1レース(350km)続けることは不可能でしょう。
彼には厳しいシーズンになりそうです。ますますバトンとの差が開くような・・・。

              川・з・)

最近、パーティーゲームにハマっております。
コアラのマーチでフラフラ
↑コレけっこう楽しいよ♪
[PR]
by davi03_04 | 2005-03-04 21:50 | モータースポーツ | Trackback | Comments(0)
3月5日 J開幕 ★J2 4年目の巻★
残念ながら、今年の戦場もJ2になりました。
J2の上位2チームはJ1へ昇格しましたが、J1からJ2へ降格したチームはありません。アビスパが入れ替え戦に勝っていたら、柏レイソルが落ちたのでしょうが・・・。
J1からの降格チームはありませんが、JFLから2チーム、J2に新たに加盟しました。ザスパ草津徳島ヴォルティス
移動が大変そうだ・・・。

松田体制も今年で3年目。どのようなサッカーをするのだろうか?
また昨シーズンと同じことの繰り返しかな。なんだか不安だ。昨シーズンの二の舞だけは勘弁しておくれ。イカン イカン、早くも弱気になっとる。開幕前ぐらい強気にいかなきゃ・・・。

       川・з・)

じゃ、また明日。
[PR]
by davi03_04 | 2005-03-03 22:44 | スポーツ | Trackback | Comments(0)