<   2013年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
まさかの展開
a0011018_22292730.jpg

ipadが将棋専用マシーンになりつつある。
タイトル戦や順位戦などもアプリのLive中継(解説付き)で観戦できる。
盤面を戻せるのが便利です。これはいい。

プロの対局だから、詳しいことはサッパリわからない。
わからないけど、わからないコトが楽しい。

どんな競技も、プロは実力制の厳しい世界。力がないと生きていけない。
将棋だと7つのタイトルがある。予選を勝ち抜いて、やっとなれるのが挑戦者。
そこからラスボスの羽生さんとの5or7番勝負に勝ち越して、はじめてタイトルを獲れる。
きっついわ。

大晦日は、船江恒平VSコンピューターのリベンジマッチ。
前回ほど気負うこともないし、失うものがない。普通に船江が勝つでしょう。
レースでもそうだけど、負けて強くなるもんだ。
[PR]
by davi03_04 | 2013-12-30 22:30 | にちじょう | Trackback | Comments(0)
ゼロ・グラビティ


宇宙での漂流。無音の孤独と緊張感。
サンドラ・ブロックの呼吸音には常に「死」の恐怖が感じられる。
思わず「掴め!」と声をだして応援したくなる映画です。


生きろ、シューマッハ。
[PR]
by davi03_04 | 2013-12-30 18:50 | 映画・ドラマ・アニメ | Trackback | Comments(0)
年末
雪が舞う寒さ。掃除をする気力も散ってゆく。
コタツに入って録画をみる。モグモグ。

冬になるとマラソン中継が増えるのは、流すスポーツがないからのようだ。
だからJリーグに冬開催のオファーがある。雪が積もるスタンドでサッカー観戦。ないない。
雪国のチームは死活問題。スタジアムに行くまでがサバイバル。
予算がショートしたアビスパは、どうにか存続。よかった。

今年はtotoが当たった。6等で570円。ふう。
ありそうな組み合わせだったんだけど。10億は甘くない。

よいお年を。
[PR]
by davi03_04 | 2013-12-29 15:14 | にちじょう | Trackback | Comments(0)
永遠の0
なぜだ。戦争映画なのに若い女が多い。
主役が岡田であるか。なるほど。赤城の被弾シーンが泣きどころ。
あゝ 赤城がああ・・・。


国の未来を背負うべき若者に「死ね」と命じる特攻。
その責任を追求していない東京裁判。すぐにやりなおすべきだ。安倍ちゃんならやれる。
[PR]
by davi03_04 | 2013-12-23 21:22 | 映画・ドラマ・アニメ | Trackback | Comments(0)
有馬記念、3連複を買う
4コーナーを回る。オルフェーヴルが早くも先頭に立つ。
強い馬がこの展開になると、まず勝つ。
もちろんオルフェーヴル⑥流しで馬券を買っている。よしよし。
2番手にはウインバリアシオン④。きたきたきた。
予定通りではないか。わっはははは。

あとはアドマイヤラクティ⑩がくれば、ハッピークリスマスである。
どこだ、どこにいるラクティ。なにやら芦毛の馬がでてきたぞ。
ちがう。お前じゃない。ちがうって。うあああ。
a0011018_19391264.jpg
[PR]
by davi03_04 | 2013-12-23 19:40 | にちじょう | Trackback | Comments(0)
2013 将棋の日(2)
a0011018_1255225.jpg

40代での竜王奪取。
受けながら鋭く攻める。圧倒的な強さ。ひえええ。
羽生さんと渡辺明を相手に、ここまで完勝できる人は、いない
これで「名人」と「竜王」の2大タイトルを手中に。きたか森内時代。

このサイン会の後に、NHKの公開収録に参加。
「次の一手」クイズで正解を続ければ、壇上に呼ばれるそうだ。よしよし。
わたしのカルソニックブルーがNHKに映る。全開でがんばる。

挨拶がわりの一問目。これは軽く・・・。
げえええ。島朗さん、話が違うではないか。まさかの初戦敗退。
しくしく。
[PR]
by davi03_04 | 2013-12-01 12:59 | にちじょう | Trackback | Comments(0)