<   2014年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧
矢沢永吉


「ライブのチケットが余った。いるかい?」
うむむ。エリザベスでラキシスの単勝で小遣いが入った。しかし矢沢の曲は全然知らない。
素振りをまねて手を広げ、顔をしかめる。そして訊く「そのチケットいくらだい?」

その男は苦笑いしながら「1万円」と答えた。
たけーーーっ!
2F席でこの値段。さすが永吉。定価がプレミア価格。

それをきっかけに矢沢の曲を聴くようになった。
朝は軍艦行進曲で目覚め、通勤ミュージックは矢沢。じつに心地よい。大人の曲だ。
矢沢をわかる歳になった。

そうなると、もったいないことをした。
せっかくの機会を逃してしまった。来年もツアーがあれば声をかけてくれるそうだ。
その時は両手を全開に広げて言おう「いきます!」と。
[PR]
by davi03_04 | 2014-11-26 22:55 | にちじょう | Trackback | Comments(0)
馬5 騎手5
a0011018_2291256.jpg

競馬のコースの形は楕円。なぜ丸いのか。
直線だけのコースにすると力勝負になり、強い馬が順当に勝つらしい。
「それだと、いろいろな意味でおもしろくない」
不確定要素を入れるために、コーナーと坂(上り、下り)を組み合わせた仕掛けになっているそうだ。

コースにより得意不得意が生まれ、個性がでる。
そこに展開の綾が絡むと摩訶不思議な結果を生みだす。強い馬だけが勝てるわけじゃない。
同じレベルの馬が10回走れば、10通りの違う結果がでると思う。それを予想してもだね。むむむ。

スポーツでも球技のように「どっちに転ぶかわからない」偶然性を含んだ競技は人気がある。
ボードゲームだと麻雀だ。人はわからないモノに熱狂する。
[PR]
by davi03_04 | 2014-11-24 22:11 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
控除率25%の壁
お付き合いで、やっている競馬。回収率は105%だ。
やればやるほど負けるゲームなので大健闘。ふぉっふぉっふぉ。
しかし、調べて検討する時間を費用として計上すれば赤字になる。

会社員が競馬の配当金1億5000千万円に税金をかけられた裁判。
たしか30億円分の馬券を買っていたので、こちらも回収率は105%ほどだ。
ミラクルおじさんのように、賭け事も資本のパワーゲームで押しきらないと数字は残せない。

近頃、単勝馬券の大量購入が多い。
ありえないほどオッズが跳ね上がるから、数百万円単位で買っていると思われる。
そんなセレブな遊び予算が欲しいっすな。
[PR]
by davi03_04 | 2014-11-09 23:10 | にちじょう | Trackback | Comments(0)