2017 SGT オートポリス(4)
a0011018_18174165.jpg
くそう。ホンダが救済で軽くならなければポールもあったかもしれない。
しかし仕方がない。あのホンダが技術よりも救済措置でのスピードを欲しがったんだ。
一生懸命に開発したトヨタが愚痴りたくなるのもよくわかるけど、いいじゃないか。
LCの性能に降参したのだから。

空力で失敗した日産勢。それゆえにドライバーの技術が、よくみえた。
曲らない車の方が観戦するのは楽しかった。
本山選手の第2ヘアピンの罠。コバライネンめ。かわしやがった。


[PR]
# by davi03_04 | 2017-05-27 19:02 | モータースポーツ | Trackback | Comments(0)
2017 SGT オートポリス(3)
a0011018_19400615.jpg
「曲らない」
カルソニックがコーナーに入るたびに、車から聞こえてくる挙動。
しかしプロの世界なんだ。曲らないスプーンを曲げてみせないと生き残れないのだ。

「プロになった人達というのは、いま努力しても、
突然強くなるといことは、ほとんどありません。

反対に、努力しないからといって突然弱くなるといこともありません。
ですから努力しようという気持ちが、だんだん衰えてしまうところがあります。
すぐに結果が現れる世界ではないのです。

半年たって、一年たって、二年、三年たってというふに、
長い年月で見ると、頑張った成果が少しずつ、少しずつ現れてくるんです。
いまはまだ、はっきり形として見えないものが、
時間が経過するとともに見えてくるところがあります」

羽生先生がトップにいながら毎年モデルチェンジした将棋を指すように、
本山選手や立川選手も、車やタイヤが変わるたびに上手く合わせて乗りこなす。
立川選手はプライベートは謎に包まれているけど、どの世界もトップ選手ほど1番練習する。

だから追いつけない。
しかし、そこであきらめたら試合終了です。

・・・そうは言っても、きついんだ。トップの壁は。
ぶちあたると「無理だ。俺はこのレベルかな」と悟りをひらいてしまう。

それゆえに努力し続ける石浦選手は精神力が強い。
ほぼ決まっていたルマンのシートを一貴に奪われても、
黙って走り続けてフォーミュラのチャンピオンをとる選手になった。かっこいい。

本山にはなれなくても、石浦にはなれる。
安田選手の奮起に期待ス。



[PR]
# by davi03_04 | 2017-05-26 20:53 | まったりRacing | Trackback | Comments(0)
2017 SGT オートポリス(2)
a0011018_20572526.jpg
ダウンフォース25%減。
空力パッケージ固定。

どの車も曲がらず苦労している。
それゆえにドライバーの技術が出ておもしろい。
そもそもハコが空力に頼って誰が乗っても曲がるのが、おかしなことなのだ。

曲らないのがハコ。それを技術で曲げるのがトップドライバー。
原点回帰の良いレギュレーションです。

なぜ不振の日産勢でニスモだけ速いのか。
ドライバーの差が出るレギュレーションだから、ロニーの上手さが際立つのだ。
ロニーは、すごいドライバーになった。

「車のせいじゃないよ、ドライバーの頑張りが足りないのよ」



[PR]
# by davi03_04 | 2017-05-24 21:42 | モータースポーツ | Trackback | Comments(0)
2017 SGT オートポリス(1)
a0011018_20064210.jpg
マーデンボロが期待されているほどのパフォーマンスを出せていない。
光るものが感じられなかった。
星野監督は絶賛でありますが、天才ではなかった。

努力して速さを磨いていく猶予が、どれだけ与えられているのか。
曲げ方が雑だから、まだ荷重移動を理解できていない感じがする。
これは10代のうちに覚えないと遅い感覚かもしれない。

ゲーマーに、どこまで伸びしろがあるのか。
感覚や骨格は20歳を越えてからでも後付けで覚えられるものなのか。
どの競技も晩学は大きなハンデ。そこに注目しながら彼を見ていきます。


[PR]
# by davi03_04 | 2017-05-23 20:27 | モータースポーツ | Trackback | Comments(0)
SGT オートポリス 決勝
a0011018_20384933.jpg

グリッドを駆け足でまわる。
じっくり見ていると、すぐに退出時間になってしまう。

おっとJスポーツの中継だ。
エイミー。


[PR]
# by davi03_04 | 2017-05-22 21:03 | モータースポーツ | Trackback | Comments(0)