気になるアイツの名前は?
部屋で小さな蜘蛛を、よく見かけます。
今までは気にならなかったのに、今日は何故か気になります。気になって仕方ありません。

「だいたい、オマエ(蜘蛛)は、よく部屋で見かけるけど、なんて名前なんだ?
を名乗れりやがれってんだ コンチキショー!」

と、蜘蛛に詰問しても、答えてくれるわけがありません。なので仕方なくネットで調べることに。

んが、なかなか見つからない。名前すらわからないので、探すのが困難であります。
「蜘蛛 家 小さい」etc
いろんな言葉を並べてみましたが、出てくるのはクソでかい蜘蛛ばかり。
寄生虫のような蜘蛛の画像までありましたし・・・。
http://www13.plala.or.jp/MUDAI/kumo.html
きもッ!

で、私が名前を知りたい蜘蛛はですね、イメージ検索で「蜘蛛 家の中」と入力したら出てくる画像の、右から2番目のやつです。(リンク切れのため、写真のあるサイトにはいけませんでした)

小指の爪ほどの大きさの蜘蛛です。しっかり調べてから書きたかったんですが、なにやらテツ気配するので、探索を断念せざるおえません。くッ 無念。

               川・з・)

では、よい連休を (・∀・)ノシ
[PR]
# by davi03_04 | 2005-03-18 21:42 | 調べてみました | Trackback | Comments(5)
Jリーグのススメ
レベルが低いといわれるJリーグ。たしかに低い。が、低いからこそ、おもしろい所もあるのです。
ヨーロッパの3大リーグでは、上位(3チーム)と下位が、はっき区別されてしまいます。選手層の厚さが違いますし、質も違うので仕方ありません。
なので、ヨーロッパでは毎年、同じチーム同士で優勝を争っています。金がないと優勝争いには絡めないんです。

しかーし! Jは違う。下位に沈んでいた貧乏クラブ、毎年降格の危機に晒されていた弱小クラブでも、よい「監督」を招聘すると、優勝争ができるクラブになることもできるんです。
Jは監督の「質」が色濃く反映されるリーグといってもいいでしょう。

そのいい例がベンゲル(名古屋)とオシム(ジェフ)じゃないでしょうか。
そーいえば、ジェフは「市原」から「千葉」に名称を変更したんやね。新聞で「千葉ー柏」という対戦カードを見た時、一瞬「千葉?どこ?」なんて思いましたよ。

まァ 名称を千葉に変えたからといって、サポが増えるわけじゃないのに・・・。まずジェフは、あのスタジアムが非常にマズイ。陸上トラックが付いてるし、おまけにスタンドが低い。あんなのじゃサッカー見て楽しむことはできないでしょう。あッ、そーいえば新スタジアムを建設するって話しがあったような、ないような・・・。

ジェフは置いといて、ベンゲルとオシムですな。
2人とも就任したクラブは下位で低迷していました。名古屋はJのお荷物と呼ばれるほど弱く、ジェフはアビスパと残留争いをするほどでした。そんな両クラブが、ベンゲルとオシムによって、別のクラブのように強くなりました。

ベンゲルは就任から6ヶ月で弱小クラブを、天皇杯優勝まで導き、オシムもジェフを優勝争いに絡ませる所までいきました。どちらの監督も弱小クラブで、1年以内に結果を残しています。これはスゴイ。それと同時に1年以内に結果を出せない監督は、無能とはいいませんが、質が低いということでしょう。

選手の「質」ではなく、監督の「質」が問われるのがJリーグ。海外リーグにはない特色だと思います。ジーコも、まずはJクラブの監督からやり直した方がいいぞ(´∇`)

               川・з・)

マウスやキーボードのことで、メッセでアドバイスをもらいました。
機種や価格にやって使いやすさが変わるんやね。高いものには、それなりの機能が付いてる、ってことなのね。いろいろあるなァ~。

じゃ、また明日。
[PR]
# by davi03_04 | 2005-03-17 21:25 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
レースゲーム
またもや“リアルドライビングシミュレーター”を名乗るゲームが登場しました。その名もエンスージア。しかも製作したのがコナミです。まさに、びっくりコナミ。

しかしながら、さすがコナミ。GT(グランツーリスモ)がヒットし、自社ビルを建てるほど儲かっているのを黙って見過ごすことはできなかったようです。

サッカー(ウイイレ)・野球(パワプロ)、と他社の看板ゲーム(フォーメーションサッカー・ファミスタ)を上回るソフトをリリースし、自社のソフトを定番ソフトにまで押し上げたコナミ。そのコナミが、今度はレースゲームに挑戦。

肝心の中身の方はどうなんでしょうかね。ムービーやCMを見るかぎりでは、<GT4>が楽しめなかった層をターゲットにしているようです。定常円旋回やスライドをしているムービーが多いですし、コース紹介のナレーションでは「忠実に再現した実在都市を走るのではなく ホニャララ~」といっていますしね。

かなりGT4を突っついてしております。
そういわれるだけ、GT4の出来が悪かったのは確かですけど。

とりあえずエンスージアは様子見して、評判が良かったらか考えてみます。

             川・з・)

エンスージアの流れで、このままレースゲーム話へ。
エンスージアも気になりますが、私が気にしているのはスパイクから4月7日に発売されるWRC4

このシリーズには、2度泣かされましたが、気になって仕方ありません。WRC(1作目)は“酷い”なんて言葉じゃ済まないぐらいの出来でした。ゲーム以前の問題です。ロード時間が異常に長いんです。

洋ゲーはロードが長めですが、せいぜい10~15秒程度でしょう。WRCはそれを遥かに越えています。
「<秒>じゃなくて<分>ですから  残念!!」

SSを1つ読み込むのに、当然のように2分以上かかってましたから・・・。長いものでは、確か2分30秒ぐらいだったかな。
待っている間に固麺のカップラーメンができちゃいます(´∇`)

WRCで泣いたにもかかわらず、私はWRC2も買いました。
ロード時間が大幅に短くなった、というフレコミだったので、ついつい「うお!短くなったんだ」と、驚きのあまり手を出してしまいました。

ロード時間が短いのなんて当然のことなんですけど、<分>を体験した人間には「短くなった」とい言葉は、「サルが人間に進化した」ぐらいのインパクトを持ってしまうんです。

で、WRC2は確かにロード時間は早くなった。が、肝心のゲームー内容が改悪されていました。ガードレールや壁に軽く擦ってしまうと、磁石のように吸い寄せられフロントから直角に突き刺さってしまうんです。

製作者側は、接触に対するペナルティーのつもりでやったのでしょうが、余計なお世話です。軽い接触(こする程度)なんて実際のレースでも当然あるわけで・・・。

そもそも製作者の意図を、ゲームのシステムに押し出すのは間違ってると思うんだけどなァ。
間違ってる、というか勘違いしてるんじゃないか?
 
ゲーム界でもプロデューサーなんて言葉をよくききますが、そう呼ばれている人達が作ったゲームほど、押し付けがましい。

「作り手」は、あくまで黒子であるべきだと思う。遊び方はユーザーに任せればいいんですよ。
壁に当たりながら走るが楽しい、と思う人もいれば、ストイックにコースアウトや接触をせずに走る人もいるんです。
十人十色という言葉のとおり、楽しみ方はそれぞれあるのです。

なんだかいつものように、微妙に話しがそれつつあります。軌道修正。
そんなWRCシリーズの第三作目、WRC3。また勘違いしたプロデューサーが、今度はコ・ドライバー(道案内人)の音声を日本語のみに限定してしまいました。これにはラリーファンが大激怒。

日本語より英語の方が走りやすいし、なんといってもラリーの雰囲気が味わえるじゃありませんか。それを削除しやがった。海外版には付いているものを、わざわざ削ったのよ・・・。

もともとWRCシリーズはイギリスの会社が開発しているそうです。それをスパイクがローカライズして日本で販売しています。ローカライズのついでに品質まで落とすんじゃないよ。前作(WRC2)の失敗がわかってないのかな。

まァ イイ。イイんだよスパイクさん。WRC4に何も手を加えなければ。WRC4は海外でも高く評価されているようなので、今回は期待がもてます。

ムービーをみたけど、マシンが横転するところや、コース外に転がり落ちる姿、それに破壊されていくパーツの数々。笑ってしまうぐらい、おもしろかった。こりゃラリーファンにはたまりませんぞ。
スパイクがおとなしくしてればイイゲームだと思う・・・。頼むから手を加えるんじゃないぞ!

ちなみにWRCシリーズはGTシリーズとは対極的なゲームですよ。走って楽しい♪ ゲームです。

            川・з・)

じゃ、また明日。
[PR]
# by davi03_04 | 2005-03-16 23:19 | ゲーム | Trackback | Comments(0)
F1開幕 =モータースポーツの季節到来=
今年は、見切り発射の大幅なレギュレーション改定が行われました。
・空力性能削減
・エンジン規制
・タイヤ規制
・ピットスットプ作業
・予選方式の変更
詳しいことココに載っています。

しかし、このレギュレーション、抜け道だらけで各チームから批判されています。エンジン規制では、壊れたエンジンは次のグランプリでは交換してもOKになっています。すると、開幕戦で入賞圏外が走っている車が、意図的にエンジントラブルを起こす(言い張る)ことも考えられます。タイヤ規制にしても同様です。
機能しないルールほど恐ろしいものはないと思うのですが・・・。グランプリを進行しながらレギュレーションを詰めていく気なんでしょうか、メチャクチャです。

日本人ドライバーの佐藤琢磨もこのレギュレーションに殺されるような気がします。昨年までの、激しいドライビングを1本のタイヤで1レース(350km)続けることは不可能でしょう。
彼には厳しいシーズンになりそうです。ますますバトンとの差が開くような・・・。

              川・з・)

最近、パーティーゲームにハマっております。
コアラのマーチでフラフラ
↑コレけっこう楽しいよ♪
[PR]
# by davi03_04 | 2005-03-04 21:50 | モータースポーツ | Trackback | Comments(0)
3月5日 J開幕 ★J2 4年目の巻★
残念ながら、今年の戦場もJ2になりました。
J2の上位2チームはJ1へ昇格しましたが、J1からJ2へ降格したチームはありません。アビスパが入れ替え戦に勝っていたら、柏レイソルが落ちたのでしょうが・・・。
J1からの降格チームはありませんが、JFLから2チーム、J2に新たに加盟しました。ザスパ草津徳島ヴォルティス
移動が大変そうだ・・・。

松田体制も今年で3年目。どのようなサッカーをするのだろうか?
また昨シーズンと同じことの繰り返しかな。なんだか不安だ。昨シーズンの二の舞だけは勘弁しておくれ。イカン イカン、早くも弱気になっとる。開幕前ぐらい強気にいかなきゃ・・・。

       川・з・)

じゃ、また明日。
[PR]
# by davi03_04 | 2005-03-03 22:44 | スポーツ | Trackback | Comments(0)