羽生善治 永世七冠
羽生先生「将棋そのものを本質的にどこまで分かっているのかといわれたら、
まだまだよく分かっていないのが実状です」

マジでかw

タイトル戦 登場回数 132回
獲得数 99期

羽生先生の凄さは、勝ち負けよりも適応力。
その時代の流行りに合わせてモデルチェンジできること。
これだけの結果を残してきながら、今迄の戦い方に固執することなく変化できる。

「盤上はテクノロジーの世界。日々進歩しています」
47歳になっても、それについていき変わっていくことを楽しんでるご様子であります。





[PR]
# by davi03_04 | 2017-12-05 23:32 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
アビスパ J2残留
プレーオフは順当に敗退。
井原監督には続投の交渉中。
スポンサーのうけはいいからチーム財政の助けになる。

しかし・・・。
ディフェンダー出身の監督なので「失点しなければ負けない」
という考え方は間違ってはいないが、あまりにも消極的。
相手のミスまちの消極的なゲームは退屈すぎる。選手も育たない。

続投するなら積極的に仕掛けるサッカーに転換してもらいたい。
負けたとしても胸を張れるゲームを!




[PR]
# by davi03_04 | 2017-12-05 22:31 | スポーツ | Trackback | Comments(0)
国際将棋フォーラム(6)
a0011018_21205859.jpg
指導対局まで、みっちり準備してやりきった。
それで力尽きたのか、その反動か。腰痛に神経痛まで出てきた。
ベテランのヘルニア選手に症状を伝えると、
「おめでとう。軽いヘルニアだ」と祝福される。

心配なら病院に行け、と言われるが幸い症状は回復中。
もうしばらくで全快となりそうです。

久保利明 王将にサインをもらう。
筆で書いてもらうと文字からパワーをもらえます。
相撲の番付表が縁起物のように、僕には棋士のサインが縁起物です。



[PR]
# by davi03_04 | 2017-12-05 21:55 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
国際将棋フォーラム(5) 中将棋
a0011018_14593595.jpg
これは・・・。
終わらないw



[PR]
# by davi03_04 | 2017-11-05 15:01 | 将棋 | Trackback | Comments(0)
国際将棋フォーラム(4) 勝ちたい
a0011018_10541206.jpg
ゲームとは、いかに相手の選択肢を少なくさせるかのせめぎ合い。
「負けてはいけない」と思うと、消極的なプレーを選択肢し、考えも手堅くなる。
そうなると相手にプレーを読まれやすくなり、選択肢が狭まってしまう。
これに対して「勝ちたい」と思えば、どんな状況でも突破口を見出そうと、
勝つ方法を懸命に探り、選択肢を広げていくのである。(平尾誠二)

将棋も呼吸がわかりかけてくると、棋は対話なりになってくる。
久保先生の指し手からも「もう少しだ。がんばって」と緩めてくれて詰みになった。

開戦は歩の突き捨てから、そっこから一気に上手を潰せる予定だった。
そしたら歩をとってくれないのです。第2波もかわされる。
豊川先生の言うところの「ホットケーキ」2連発。

さあ困った。突き捨てた歩をとらない、といことは1mmも考えてなかった。
ホットケーキされた歩をみながら苦笑い。居玉がたたる展開。
そう簡単に勝たせてくれないw

中盤に悶絶しながら優位のまま辿り着いた終盤戦。
ここからが将棋の1番スリリングな時間。
一手で形勢が入れ替わる。ドッキドキ。

形勢評価のグラフも終盤に上下に激しく動いている。
終盤に悪手を指すとこうなります。受けそこないw

冷静に、冷静に。
自陣に手を戻して、自玉の安全度を確認できると中級者かな。
敵玉の詰み筋ばかり気にしいるうちは、へなちょこ級(>_<)

詰めろの意識かあ。よい勉強をさせてもらいました。
また久保先生に教えてもらいたいであります。
来年は2枚落ちで。


[PR]
# by davi03_04 | 2017-11-03 12:33 | 将棋 | Trackback | Comments(0)